消費税のお話

パーツ

消費税のお話

4月1日から消費税が、8%に引き上げられました。

最近行われた、主婦を対象にしたあるアンケートでは、4月から始めたいこととして、自宅でできる副業やお小遣い稼ぎと答えた人が全体の6割以上いたそうです。消費税が引き上げられて、家計が苦しくなるのが予想されるためかもしれませんね。

ところで、この消費税は、日本では、1989年4月1日に初めて実施されました。当時の消費税率は3%で、1997年には5%になりましたね。そして、2014年には8%になって、経済が好転したと判断されれば、2015年の10月には、消費税率は10%になることになっています。

消費税率が10%は厳しいなと思いますが、外国の消費税を見ると日本よりも高くなっている国がたくさんあります。たとえば、中国は17%、韓国は10%、ハンガリー27%、スウェーデン25%、イギリス20%などです。ただ、国によっては、食料品などに軽減税率が適用されているところもあります。

スウェーデンの消費税率はかなり高いです。もっとも、スウェーデンでは、教育費が無料なんですね。しかも、16歳まで国から児童手当が支給されるし、大学の授業料も無料です。医療費の公費負担率は97%で、19歳未満の子供の医療費は無料です。自己負担する部分も、上限額が設けられています。それから、標準消費税は25%なのですが、出版物と公共機関の税率は6%、食料品や外食の消費税率は、12%だそうです。(日本でも、生活必需品などの消費税率を低く抑える軽減税率の導入が、検討されているところですが。)

スウェーデンももちろん問題が無いわけではなく、所得税は30%ぐらいだそうで、また、医療現場では、医師や看護師が不足していて、待ち時間がハンパないそうです。たらいまわしもあるようで。何もかもが理想的というわけにはいかないようですね。

家計が苦しくてお金が必要になったら、上手にカードローンを活用してみませんか?カードローンには審査があるので誰でも直ぐに利用出来るということではないのですが、審査に通るコツを知っていれば申し込みできる確率が高くなるので、この機会にぜひ知っておくと良いでしょう。

パーツ