株を始める前に

パーツ

株を始める前に知っておくべきこと

日本の株式市場では個人投資家が急激に増加してきているそうですね。

インターネットを通して金融情報や投資相談、株式仲買人などにすぐにアクセスできるようになったことも、個人投資家が増えている理由のようです。中には、収入の安定した仕事を辞めて、デイトレーダーになる人もいます。デイトレーダーというのは、買った株をその日のうちに売る、または、売った株をその日のうちに買い戻すというやり方で、利益を得る投資家のことです。デイトレーダーになって、かなり成功しているという人も確かにいますが、儲かっているのは一部の人で、9割の人は損をしているとも言われています。

また、初心者の場合は、プロのアドバイスが必要ですが、際限なく入手できる金融情報やアドバイスは、神経疲労やストレスなどの原因になることもあります。それから、プロの投資家が活用している情報にアクセスできるので、自分もプロだと錯覚しはじめる、つまり自信過剰になって失敗する初心者も多いそうです。また、その企業についてよく調べずに、安易に株取引をするという人もいます。銘柄を決める前に、企業の業績や将来の見通し、製品の需要,他企業との競合などの要素を検討するのは必須ですね。

株を始めようと思う場合は、少額から始めるのが無難です。数万円で買える銘柄もあるので、まずはその程度から始めるのがいいでしょう。また、選ぶときには、その銘柄の株価が上昇している傾向にあるかどうかを確認します。また、1つの銘柄に集中的に投資するよりも、複数の銘柄に分けて投資したほうが、損失を抑えることができます。