金融用語いろいろ

パーツ

金融用語いろいろについて

金融関係の用語には難しくて、日常生活ではあまり聞かないものもありますが、よく耳にすることばでも、はっきりした意味はよくわかっていないということもありますね。たとえば、「預金」と「貯金」の違いはなんでしょうか? 答えは、「預金」は、お金を銀行や信用金庫、信用組合、労働金庫に預けることで、「貯金」は、ゆうちょ銀行やJAバンクなどに預けることです。

では、「振り込み」と「振り替え」の違いは?

「振り込み」も「振り替え」も資金を口座間で移動させることですが、「振り込み」は、支払い元口座のある金融機関からそれ以外の金融機関へ資金を移動することで、「振り替え」は、本人口座(普通預金口座や定期預金口座など)間で資金移動させることです。 それから「利息」と「利子」 「利息」と「利子」はどちらも同じ意味で、預金者が銀行へお金を預け入れた時に、元本に加えて支払われるお金のことです。また、借りたお金にプラスして払うお金も、「利息」や「利子」と呼ばれます。ですから、「利子を払う」といってもいいですし「利息を払う」ということもできます。ただ、借りた時に支払うほうを利子、貸した時に受け取るほうを利息と使い分けることもあります。 また、株式に関する用語には面白いものがあります。たとえば、その日の最初の取り引きのことを「寄付(よりつき)」、証券取引所における午前の取引時間のこと「前場(ぜんば)」、信用取引などで未返済の取り引き残高のことを「建玉(たてぎょく)」といいます。株を始めようと思っている方なら、株式用語集などで、株式独特のことばとその意味を調べてみることも必要ですね。

パーツ