お金を借りる

パーツ

お金を借りる〜銀行それとも消費者金融?

金融の町お金を借りようと思う場合、どこの金融機関にしようかと迷いますね。お金を貸してくれる金融機関は銀行、ゆうちょ、信用金庫、JAバンク、ろうきん、消費者金融などいろいろあります。その中でも銀行は特に人気があり、金利が低く、主婦でも借りれて少額から利用できます。

参照元サイト→専業主婦でも借りれるカードローン徹底検証※内緒で借りれて安心!

それぞれの金融機関に特徴がありますが、ここでは、消費者金融と銀行の違いついて、少しだけご紹介したいと思います。

消費者金融と銀行の違いの一つは、銀行が銀行法に基づいて業務を行っているのに対して、消費者金融は貸金業法に基づいて行っているというところです。

貸金業法と聞いてすぐに思い出すのは、総量規制のことかもしれません。総量規制は、消費者が多重債務者となって生活苦に陥るのを防止するため設けられた規制で、貸金業者は、借り手の年収の3分の1までしか貸付ができません。これに対して、銀行は貸金業法の規制を受けることはないので、年収の3分の1までしか借りられないというような規制はありません。ただ、銀行からお金を借りる場合は、消費者金融よりも審査が厳しいので、借入残高や借入件数が多かったりすると、審査に通るのは難しいです。

また、銀行の金利は消費者金融の金利よりも低いという点も大きな違いですね。大手消費者金融の金利は、実質年率4.5% 〜 18.0%程度ですが、銀行なら4.6%〜14.6%などと、最高金利が低くなっていますので、借入限度額が低い場合は、銀行のカードローンを利用したほうがお得です。審査に不安が無ければ、銀行のカードローンを申し込んでください、利息の返済負担を減らすことができます。三菱東京UFJ銀行やじぶん銀行などのように専業主婦の方も借りられる銀行カードローンもあります。銀行なら、消費者金融のように、配偶者の同意書や婚姻関係を証明する書類の提出も必要ないので、面倒くさくなくていいですよ。一方、消費者金融のメリットは、即日融資が可能というところですね。銀行のカードローンも即日融資可能というところがありますが、まだまだ少ないです。それで、本当に急いでいる場合は、消費者金融を利用するのが便利です。

それから銀行なら、万が一トラブルがあってもきちんと法的に処理してもらえるという安心感があります。それに対して、消費者金融の場合は、いわゆる闇金もあるので、利用に際しては、注意が必要です。中には、闇金とわかっていてもやむを得ず利用する人がいますが、絶対やめたほうがいいです。お金に困ったら、一人で悩まないで、家族に打ち明けたり、消費生活センターの窓口で相談してください。

カードローンの審査にもし不安がある場合、こちらのサイトがお勧めです。カードローン審査のまとめ※審査基準や落ちる理由通りやすい方法教えます。

実際にカードローンに申し込んだ方たちの審査結果を多数紹介していますので、自分と同じ境遇の人が審査に通っているかどうかを見て、ある程度の判断材料になると思います。
パーツ